にぼし

だいたいが曲制作か開発メモ

DTM

ボーカルにかけるコンプ考察

DTM

・全て3-5db程潰す感じで。 ・アタック/リリースがある場合は30ms/200msを中心に整える 以上の設定での個人的感想 ・IK Multimedia VC670 Thresholdフルテン、INPUTを調節すると結構太くなるのでガッツが欲しい時に。 音質は若干荒れる(ガサガサした感じ) …

LogicのPitchCorrectionでノイズが乗る時は

DTM

プツッ などとノイズが載ってる箇所で示しているキー部分を確認して、そこだけバイパス処理をかけてみると意外と消える事が多い。 補正速度がおおよそ150ms以上だと同様にノイズが乗りにくくなるので、おそらく急激に補正をかける際にノイズが乗っかってるの…

マスタリング時の最終的なヘッドルームについて

DTM

RoundtripAACを用いて128kbpsAACの状態で見た時に、-0.3dbくらいにしておくのが妥当な気がする。 マスターエフェクト →Limiter No.6 (Cel.-0.5) →→リバーブ類を薄く →→→Limiter No.6(全0db、Cel. -0.5、Out. -0.2) くらいか。

Adobe AuditionでT-racks系のプラグインが頻繁に落ちる

DTM

多分私の環境下だけなのかと思うけど、 Windows7 Pro + Adobe Audition CC(CS6)のセッション編集時に (32bit 96kプロジェクトとして制作し、) ・トラックへT-racksのプラグイン(よく使うものでWhite 2AもしくはBlack 76)をさす →刺した状態では各パー…